オカルト大学スピリチュアル学部

思考実験、オカルト、音楽、筋肉、そしてアイドル。

「狭山事件」はとなりのトトロのモデル?都市伝説をデマか検証して見えた真実

宮崎駿が描く映画「となりのトトロ」はジブリ映画の中でも長年愛される人気作であり、1度は見たことのある人も多いのではないだろうか。しかし、となりのトトロにはモデルとなった恐ろしい事件があるといわれており、様々な都市伝説が存在する。

 

今回は映画「となりのトトロ」とモデルとなった噂される「狭山事件」との関連性と、となりのトトロにまつわる都市伝説の真偽を検証していく。

 

 

 

となりのトトロのモデルとなった「狭山事件」とは

映画ファンのみならず老若男女人気のアニメ映画「となりのトトロ」だが、この映画にはモデルとなった事件が存在するのを知っているだろうか。「狭山事件」と呼ばれるその事件は、映画と数々の類似点を要している。

 

今回はそんな狭山事件について、「となりのトトロ」のあらすじや登場人物などと合わせて追及していく。

 

狭山事件とは?事件概要

狭山事件」とは、1963年5月1日に起こった強姦殺人事件で、埼玉県狭山市が事件の場所となったことからその名で呼ばれている。被害者は高校1年生の少女であった。

 

映画「となりのトトロ」あらすじ

ではまず映画「となりのトトロ」のあらすじを簡単に説明していこう。

 

小学生の「サツキ」と「メイ」は父と共に母が入院する病院のある農村へ引っ越してきた。その農村はとてものどかな場所であったが、家には小さな黒い化け物がたくさん住んでいた。

 

始めのうちは驚きを隠せない2人も、隣人から「それは子供の時にしか見えないし、害もない」ということを聞き徐々に慣れていく。それどころか、メイは「つまらない」とつぶやいた。

 

サツキは母親の入院する病院にお見舞いに行き、その家のことを話すと、母親も「そのお化けに会いたい」と言った。

 

ある日、1人で遊んでいたメイは庭である生き物を見つけた。生き物を追うように森の奥へ入ると、そこには今まで見たこともないぐらい大きな生き物が寝そべっていた。メイはその生き物に名を訪ねると、生き物は「トトロ」と答えた。

 

 

 

狭山事件となりのトトロの類似点とは

狭山事件となりのトトロのモデルとなったという都市伝説には、もちろん根拠がある。両者には共通点や類似点がいくつか存在するのである。

その類似点を紹介していく。

 

となりのトトロの舞台となった場所

となりのトトロでは、メイとサツキは埼玉県所沢市に引っ越してくる。そして、事件が発生したのは埼玉県狭山市である。所沢市狭山市の隣に位置しているのである。

 

また、映画中には引っ越しの荷物を解くシーンがあるのだが、狭山市の名産である「狭山茶」の文字が見える。

 

猫のお化け・大きなタヌキをを見た?錯乱状態にあった姉の証言

狭山事件において、遺体発見後の被害者の姉の言葉も大変興味深い。錯乱状態にあった彼女は、「猫のお化けを見た」「大きなタヌキに会った」と証言している。

 

「猫のお化け」とはトトロに登場する「猫バス」、そしてトトロは「大きなタヌキ」のように考えられる。

 

また、映画では行方不明となったメイをサツキが探し回る。狭山事件でも同様に被害に遭った妹が発見されるまで、姉が必死に探し回る姿が目撃されている。

 

事件発生月とトトロ登場人物の関係

狭山事件が発生したのは5月のことであった。そして、注目してほしいのがトトロのメインキャラクターである姉妹の名前だ。

 

彼女たちの名前は「サツキ」と「メイ」。これは

サツキ=皐月

メイ=MAY

と考えることができ、どちらも5月を表す言葉である。

 

また、2人の年齢を足すと16歳となり、狭山事件の被害者の年齢に一致する。

 

母親が入院していた病院名

映画の中でサツキとメイの母親が入院していた病院は「七国山病院」という病院である。これは狭山市にあった「八国山病院」がモデルとなったそう。

 

この病院はがんなどの末期患者や精神病棟があり、入院している患者がいるそうだ。

 

となりのトトロ狭山事件の関係性の噂はデマだった?

映画・となりのトトロ狭山事件の類似点・共通点について紹介してきたが、この2つは本当に関連性があったのだろうか。その噂の真相について紹介していく。

 

「八国山病院」など存在しない?精神病棟は?

まず映画内に登場する「七国山病院」のモデルとなった「八国山病院」だが、そもそもこのような名前の病院は存在していない。

 

「八国山」という山は存在しており、その山に隣接する保生園病院(現新山手病院)が実際のモデルとなっている。そのうえこの病院には精神病棟などが存在しているわけではなく、古くは結核の療養所があったとされる。

 

「猫の化け物」「大きなタヌキ」の証言の記録はない?

狭山事件では、被害者の姉が行方不明の妹を探し回っているのが目撃されたと前述したが、これもデマである。実際にはこのような記録は一切なく、「猫の化け物を見た」「大きなタヌキと会った」などとも証言していないのである。

 

埼玉は宮崎駿が当時住んでいただけ?

この映画の舞台となった埼玉県所沢市だが、舞台となった理由は監督を務めた宮崎駿が当時住んでいたというだけだといわれている。

 

そもそも本当に狭山事件をモデルにした映画であれば、わざわざ隣の所沢市ではなく狭山市を舞台にすればいいと考えるのが普通だと思える。

 

姉妹という設定は元はなかった?メインキャラは1人?

そもそもこの映画は当初メインキャラクターは1人で描かれる予定であった。その証拠として、初期の映画宣伝ポスターには少女が1人だけ描かれており、この少女はサツキでもメイでもない。

 

ところが同時上映予定だった「火垂るの墓」の上映時間が伸びたため、となりのトトロも上映時間を長くするための策としてメインキャラクターは1人ではなく2人姉妹ということになったのである。

 

となりのトトロ狭山事件の関連性はあるのか

こういった事実から、「となりのトトロ狭山事件をモデルにして作った映画である」という都市伝説はデマである可能性が高いと考えられる。噂の根拠となったものは事実とは違い、主にネットを中心に広まったものだ。

 

となりのトトロ・都市伝説の真偽

映画「となりのトトロ」と狭山事件の関連性について検証したところ、デマである可能性が高いという結果になった。

しかしこのほかにもとなりのトトロに関する都市伝説は存在しており、その真偽についても迫っていこう。

 

「途中から影がなくなっている」=サツキとメイは死んだ?

となりのトトロのサツキとメイは、途中影がなくなっており「死んだのではないか」などと都市伝説が広まっている。しかしこれは男鹿和雄美術監督による演出で、影の描き方を変えることで時間経過を表す手法であった。

 

実際に影がなくなっている部分は物語でいう正午のことで、太陽が真上にあるため影が意図的に描かれていないだけなのだそう。

 

メイのサンダルが片方だけ見つかる?

サツキがメイを探すシーンで、池にメイのサンダルが片方だけ浮いており、このことからもメイが死んでいるという噂が流れることになる。しかし、実際に池に浮かんでいたサンダルはメイが履いていたものとは全く違うデザインのもので、無関係だと考えられる。

 

地蔵にメイの名前が刻まれている?

映画ではサツキがメイについての記憶を思い起こしている際に一瞬だけお地蔵さんが映る。そのお地蔵さんにはメイの名前が刻まれており、メイが死んだことを暗示しているという都市伝説が存在する。

 

しかし実際にこのシーンではお地蔵さんに名前など刻まれておらず、この噂も完全なデマだということがわかる。

 

公式が都市伝説を否定?

公式は様々存在するとなりのトトロについての都市伝説を全面的に否定している。影がないことに関してもそうだが、「トトロが死神」「メイが死んでる」といった説についても「そのような事実は全くない。最近はやりの都市伝説のひとつです」と発表している。

 

このような噂は誰かが面白がって言い出したようなことだが、ネットを通じてあっというまに広まってしまったようだ。

 

となりのトトロ」都市伝説の真相

映画「となりのトトロ」には、様々な恐ろしい都市伝説が存在するが、そのほとんどが事実無根のデマであることがわかった。

公式でも「噂を信じないでほしい」と発表されている通り、あくまでも都市伝説として楽しむ程度にとどめておくのがちょうど良いようだ。