オカルト大学スピリチュアル学部

思考実験、オカルト、音楽、筋肉、そしてアイドル。

友達が神社でお祓いをした話

今回はリアルの知り合いの話です。

僕の知り合いの中に最近お祓いを受けてきた人がいるのでそのお話を紹介したいと思います。

 その知り合いは僕の大学のサークルの先輩。以後Sとしましょう。

軽音サークルでしたが、同じバンドをやっていたこともあり、親しくさせていただいていました。もともと霊感など無く、今まで霊的な体験もしたことがない。

 

そんな時にSはN県の武家屋敷に友達と出かけました。Sとその友達はいわゆる「歴女」で、Sの趣味であるカメラも兼ねて2人は興奮気味。

しかし、その中のある一角に差し掛かったところ、なんとなく「嫌だな」という感覚に襲われ、悪寒がしてきました。

 

一方、友達も同じく全く霊感がなかったのだそうですが、全く同じ場所で悪寒がしていたそう。

 

まあ生まれてこのかた心霊体験なんてしたことない2人ですから、せっかくの休日にこの武家屋敷まではるばる来たのもあり、気にしないようにして出土品や屋敷、城内をカメラを片手に散策していました。

 

帰っていつも通りカメラの写真を整理していたところ、やはり嫌な感じが拭えないのとカメラやスマホの不調が重なり、怖くなってきたSは、SNSで悲痛な叫びをあげていました。

 

そんな時に何か力になれるかと思い、僕は声をかけました。

 

といっても僕自身も霊感は無く、心霊体験もしたことがないのですがね。

 

彼女がSNSで助けを求めた時、すでに深夜0時を回っていたと記憶していますが、暑くて脂汗が止まらず、目がどんどん冴えていく状況だったそう。

 

僕も相談を受けながらその武家屋敷について調べましたが、その屋敷は宗教関係の弾圧があり、最後まで抵抗した者たちが惨殺された過去がありました。出土品などもその関係のものが多かったですが、そんな暗い過去から有名ではありませんが心霊スポット的な側面もあったみたいです。

 

本当に霊が憑いたのかはもちろん僕には判断ができなかったので、僕は知り合いの神社にお祓いを頼むことにしました。

 

僕自身もお祓いの体験談や具体的な順序を初めて聞いたので、簡単にまとめてみます。

 

 

始めは「変わるきっかけになれば」

彼女も始めは半信半疑で、その時の体験も含め「最近ついてないし何か憑いていようがいまいが、変わるきっかけになればいいな」という程度で実際にお祓いを受けることにしました。

 

聞けばお祓いを受ける人は、霊が憑いていようといまいと、そういった「きっかけづくり」のような側面もやはり持っており、その程度の気持ちで受けてみる人も多いそう。

また、そのことについて神主さんも否定的ではなく、精神的に救われるのであればと推奨していると語っていました。

 

お祓いの流れ

まず神社に入ると、彼女は荘厳さや重々しい空気に圧倒されたそう。

 

神社に入る前に手と口を清め、いざ本殿へ。(受付や料金の支払いはこの段階で行います)

神主が祓詞(はらえことば)といわれるものを奏上し、大麻(おおあさ)でお祓いをしてもらいます。

その後巫女さんによるお神楽(かぐら)と呼ばれる舞があり、その際にも鈴でお祓いをしてもらいます。

最後に神様に玉串(たまぐし)と呼ばれる木の枝を捧げ、祈祷は終了します。

祈祷は全部で10~20分間ほどで、その神社の場合は神主のと少しお話をしたそうです。

最後に御札を受け取り、お祓いは終了です。

 

お祓いで変わったこと

Sはお祓いの最中、全く悲しくないのに涙が止まらなかったそうです。Sはその時の感情を「理由なく悲しさが込み上げる感じ」と表現しています。

では実際、Sはお祓いを受けてからどのような変化があったのでしょうか。

  • 肩こりとは違う怠さがなくなり、軽くなった

Sは武家屋敷に行った後、肩こりとは違った怠さをずっと感じていましたが、お祓いによって方が軽くなったように感じました。

  • 空気が澄んでいるように感じた。清々しい
  • 景色の明瞭感があがる
  • 心が穏やかになった
  • プラス思考になった

Sはそれまでどうしてもマイナス方向に物事を考えてしまいがちな性格でしたが、お祓い後はマイナス思考がなくなり、前向きな明るい性格になったそうです。

  • 神社に対する重々しい印象がなくなった

先ほどもありましたが、お祓い前までは神社に対して荘厳な感覚を抱いていたSですが、お祓い後はその圧倒される感覚が消え、神聖さや清らかさが湧いてきたそうです。

  • 姿勢が良くなった
  • 物の見え方が変わった
  • 息苦しさが消えた
  • スマホやカメラの不調がなくなった

お祓い前はスマホやカメラが不調になり、その他にも飼い猫の変な反応、「なんとなくあの部屋怖い」といった感覚や急な激しい悲観的思考も消えたそう。

  • 何年も放置していたお守りが意図せず見つかった

以前から自室の机方面がなんとなく怖いと感じていたSですが、お祓い後に全く意図せずそのお守りがみつかったそうです。お守りはしまい込んで放置は逆に良くないそうで、見つかってからは机方面の変な違和感はなくなったそうです。

お祓いでの気づき、感想

そして、Sがお祓いを受けた際の感想や気づきを教えてもらいました。

 

今まで、「考えすぎ?間違ってる?」と考えがちだったSですが、今回の件で「なんとなく怖い」や「〇〇したほうがいいかも」といった直感は信じていいと感じたそうです。

自分にとって腑に落ちない意見を聞いても後で後悔したり、その人を恨んだりするため、身のためにならないことも感じたと。

逆に自分の素直な感情に従って動くと、モチベーションも違うし結果には大きく影響するのだとも言っていました。

 

実はSは心理職を志しており、お祓いに対して疑問を持っていたそう。しかし、神様はもしかしたらいるのかもしれないし、実際自分の心が救われた経験が自身の考えも変えたそうです。

 

最後に。僕なりの感想

霊感がない人にとって、何の縁も無いものだと思っていたお祓い。同じく霊感の無かったSに降りかかった不思議な体験を聞かせてもらい、僕の考えも少し変わりました。

 

霊感がない人々にとってここで1番大事なのって、「霊が憑いた」「憑いてない」だの、そういったことはどうでもいいんですよね。

それこそ、お祓いの効果って人によっては「気のせい」「思い込み」といわれるでしょうが、自分の信念による行動が、自分にとって「やってよかった」と思えるなら良い選択だったといえますよね。

 

その点では、別にお祓いをすることがマストではなく、例えば神社やお寺の人としっかりお話をしたり、いわゆるパワースポットといわれる場所に足を運んでみるということでもいいでしょう。

 

「思い込み」「気のせい」上等。

日本人は特に宗教に関して悪いイメージがあるので、怪しい響きになってしまいますが、「信じたものは救われる」というこの考え方に助けてもらっても良いのではないでしょうか。

 

 

 

最後に、Sが武家屋敷で実際に撮ってきた写真をいくつか載せます。

僕は特にその写真に関して嫌な感じや霊的なものは感じませんでしたが、一応閲覧注意としておきます。

閲覧は自己責任でお願いします。

 

f:id:msssmsss0128:20190531012343j:image

f:id:msssmsss0128:20190531012347j:image

f:id:msssmsss0128:20190531012353j:image

f:id:msssmsss0128:20190531012426j:image

f:id:msssmsss0128:20190531012432j:image

f:id:msssmsss0128:20190531012451j:image